当WEBサイトは、安心して閲覧いただけるようセキュリティ向上に努めています。

盛岡赤十字病院 : 歴史・沿革

歴史・沿革

大正9年4月 「日本赤十字社岩手支部病院」として病床数98床にて開院 救護看護婦養成所の救護看護婦養成を支部病院で開始
大正11年 病床数112床となる
大正12年6月 病床数132床となる
昭和13年12月 戦時衛生業務幣助病院に編入される
昭和14年1月 盛岡陸軍病院赤十字病院となる
昭和15年5月 陸軍病院衛生業務幣助解除される
昭和18年1月 「盛岡赤十字病院」と改称
昭和23年4月 救護看護婦養成について、保健婦助産婦看護婦法に基づき、日本赤十字社看護婦養成規則による看護婦養成に切り替え
昭和25年3月 看護婦養成所を「盛岡赤十字看護学院」と改称
昭和25年3月 盛岡赤十字看護学院を「盛岡赤十字高等看護学院」と改称
昭和33年6月 藪川村にへき地診療所開設
昭和38年5月 総病床数350床となる
昭和41年8月 総病床数375床となる
昭和44年5月 藪川診療所閉鎖
昭和51年4月 看護学院を「盛岡赤十字看護専門学校」と改称
昭和62年12月 病院及び看護専門学校を現在地へ新築移転 総病床数492床となる
平成16年3月 盛岡赤十字看護専門学校閉校
平成18年4月 DPC対象病院
平成18年7月 日本医療機能評価機構 病院機能評価(Ver.4)認定
平成18年9月 総病床数464床となる
平成20年11月 総病床数444床となる
平成21年5月 緩和ケア病棟開設(22床)
平成21年10月 総病床数438床となる
平成23年7月 日本医療機能評価機構 病院機能評価(Ver.6)認定
平成27年4月 総病床数394床となる
平成28年6月 日本医療機能評価機構 病院機能評価
機能種別版評価項目 <3rdG:Ver.1.1> 一般病院2
副機能 緩和ケア病院 認定
平成28年10月 地域医療支援病院 認定

 

このページトップへ