当WEBサイトは、安心して閲覧いただけるようセキュリティ向上に努めています。

盛岡赤十字病院 : 薬剤部の業務

薬剤部の業務

調剤製剤課

調剤業務

調剤室では、電子カルテ、処方オーダシステムにより医師が発行した処方箋に基づき、外来および入院患者さんや夜間の救急患者さんに対する調剤業務を行っています。

院内製剤の調製

 

高カロリー輸液の調製

市販されていない薬剤(軟膏・点眼薬・検査薬など)の調製、軟膏剤や吸入剤の予製を行っています。

 

TPN製剤(高カロリー輸液)やインフューザーポンプへの充填など注射剤の混合を無菌的に行っています。

 

抗がん剤の調製業務

抗がん剤の混注を安全キャビネット内で行っています。

抗がん剤監査システムを使用し、休日・祝日を含めた院内の抗がん剤調製は全て薬剤部で行っています。

また、抗がん剤治療が安全に行われるように治療計画の登録、投与量や投与間隔等の確認を行っています。

薬品管理課

薬品管理

 

注射薬調剤

医薬品の購入、品質管理、在庫管理などを行い、患者さんに医薬品を適正に供給するよう対応しています。

 

患者さんごとに注射薬を調剤し、病棟へ供給しています。調剤時には、投与量および投与間隔が適切かどうかなどを確認しています。

     

薬品情報室

薬品情報室では、医薬品の適正使用に寄与するために、医薬品情報を収集評価し、整理・保管・提供を目的とした業務を行っています。

具体的には下記の事項を行っています。

1.医薬品情報の収集・整理・保管に関すること

2.院内への医薬品情報の提供に関すること

(院内採用薬品集の作成、薬剤部ニュースの発行等)

3.医薬品・中毒等に関する問い合わせの記録・保管に関すること

4.院内副作用報告に関すること

5.薬品管理委員会の資料作成に関すること

6.薬剤部内勉強会等の開催に関すること

     

病棟業務

チーム医療の一員として自覚と責任を持ち、薬物治療の面において患者さんと病棟スタッフのために貢献できることを最大の目的として、薬剤管理指導業務・病棟薬剤業務を全科に展開しています。服薬指導記録作成には、薬剤管理指導業務支援システムを導入しています。

 
このページトップへ