当WEBサイトは、安心して閲覧いただけるようセキュリティ向上に努めています。

盛岡赤十字病院 : チーム医療

チーム医療

緩和ケアチーム

 療養生活が出来るように支援をしています。緩和ケアは、がん末期の方だけが受けるケアではなく、がんと診断された時(早期)から安楽に治療や療養が受けられる為のケアです。医師・認定看護師・薬剤師・保健師・栄養士・理学療法士・ソーシャルワーカーと共にがん患者さんやご家族の全人的苦痛を和らげるよう活動しています。

感染対策チーム(ICT)

 感染対策チーム(ICT:Infection control team)は感染に関する情報収集や院内への提供など、感染対策に関する実務を統括する役割を担っています。患者さんはもちろん、面会の方、ご家族の方、職員を感染から守る為に活動しています。メンバーは医師(ICD他)、薬剤師(BCICPS・BCPIC)、臨床検査技師、医療安全管理者、看護師(CNIC)、事務職員で構成されており、2週間毎に会議を開催しています。院内の感染対策における問題発生の予防と問題解決を実施しています。また、地域の医療機関と連携し、地域全体での感染対策に取り組んでいます。

栄養サポートチーム(NST)

 医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、言語聴覚士、臨床検査技師、理学療法士などの多くの専門職種でNSTの活動をしています。NST回診は週1回行い、食思不振、摂食嚥下障害、経腸・静脈栄養法の計画、口腔ケアなど栄養に関する多くのことに対応しております。患者さんが病院、施設、在宅で継ぎ目のない栄養管理を受けることができるよう、今後も地域の医療機関、施設などの皆様と協力して、栄養サポートを実践していきたいと思います。

口腔ケアチーム

 院内ではNSTの看護師による『お口みがき隊』が結成され職員への啓発や患者さんへのケアを開始しております。入院患者さんには、口腔乾燥、義歯不具合、開口障害など多くの悩みを抱えた患者さんがおられ、保湿剤、研磨剤、洗口剤の選択や使用法、ブラッシング指導、姿勢指導など月2回、歯科医師会よりご指導いただいております。歯科のない当院では、この『お口みがき隊』が中心となり口腔ケアに努めています。

褥瘡対策チーム

 院内の褥瘡対策は、皮膚科医師がリーダーとなって月1回、院内の褥瘡患者の症例検討や褥瘡対策のためのマットレスや院内整備等、適切な治療ケア推進の取り組みを行っています。また、週1回褥瘡回診を医師、皮膚・排泄ケア認定看護師、薬剤師、栄養士、糖尿病療法士で院内ラウンドを行い、足の切断予防活動も行っています。さらに在宅訪問や施設指導も視野に入れた、適切な治療ケアやマットレス選択、栄養管理を考えて行っています。

退院支援チーム

 総合患者支援センター内に、退院支援チームが所属しております。
 チームメンバーは、ソーシャルワーカー4名、保健師3名、看護師1名が協働しながら退院支援や外来療養支援に取り組んでいます。
 退院支援に関しては病棟担当制をとり、早期介入を目的として入院時にスクリーニング・アセスメントを行っています。院内連携だけでなく、地域のケアマネージャーや訪問看護ステーション・介護施設等、関連機関との連携強化に努めていきたいと思います。

認知症サポートチーム(DST)

さまざまな身体疾患で入院された認知症の方も安心して療養できるよう専門職がチームを組み、サポートしています!

 ご高齢の方や認知症の方は入院という環境の変化に対応するのが難しい場合があり、不眠、物忘れ、せん妄状態(興奮したり、大声を出す、暴力行為)等、認知症の悪化をまねくことがあります。当院では平成28年2月より認知症ケアの専門知識を持った看護師を中心に、認知症サポートチームを結成しました。チームは医師、認知症看護認定看護師、精神保健福祉士、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、医療事務で構成されています。認知機能の低下、悪化の予防を初め、それぞれの専門性を生かし1人1人の抱える問題に沿った支援ができるよう病棟のスタッフと連携し活動しています。

このページトップへ