当WEBサイトは、安心して閲覧いただけるようセキュリティ向上に努めています。

盛岡赤十字病院 : 初診・再診時の選定療養費

初診・再診時の選定療養費

初診・再診時の選定療養費について

厚生労働省の指導により、効率的な医療供給のために医療制度改革を通じて医療機関の外来機能分化を推進しています。

日常の診療は患者さまのかかりつけ医として診療所が担当し、入院が必要な場合や特殊な検査を行う場合に、診療所から紹介を受けた患者さまを病院が診察することにより、それぞれの役割に応じた医療を提供することが良質な医療を効率的に提供できると考えられるからです。

平成30年4月1日より、ベッド数400床以上の地域医療支援病院では、他の医療機関からの紹介状をお持ちにならずに受診を希望される場合は、通常の診療費の他、初診・再診時にかかる費用として選定療養費をご負担いただくことになります。

以上の理由により、下記のような取り扱いをいたしておりますのでご了承願います。

 

1.紹介状(診療情報提供書)とは

お近くの診療所やクリニックに診療の際、医師が専門的な検査や入院が必要と判断した場合に、患者さまの症状によって当院への紹介として書かれるものです。紹介状は患者さまを知る有効な診療情報となりますので、ぜひ紹介状をお持ちの上受診してくださるようお願いいたします。

 

2.選定療養費をお支払いいただく患者さま

【初診時保険外併用療養費の徴収対象】・・・・・5,000円(税別)

(1)今回の診察料が「初診」となり他の医療機関からの紹介状なしに来院された場合

(2)今回の診察料が「初診」となる患者さまとは

 ・以前に当院を受診された方で、その時の治療が終了している患者さま

 ・自己の判断で診療を中止され、1ケ月以上受診していない患者さま

 

【再診時保険外併用療養費の徴収対象】・・・・・2,500円(税別)

(1)他の保険医療機関への紹介を当院より申し出たが、引き続き当院にて診察を希望された場合

(2)当院からの他の保険医療機関へ紹介を受けた後、紹介なく患者さまご自身の選択で来院された場合

 

3.以下に該当する場合等は選定療養費の徴収対象外となります

(1)他の医療機関からの紹介状(定められた様式)を持参された場合

(2)救急の患者、公費負担医療の対象患者、HIV感染者の場合

(3)自施設の他の診療科を受診中の場合

(4)特定健診、がん検診等の結果における平日、休日、夜間受診の場合

(5)救急医療事業、周産期事業における休日、夜間受診の場合

(6)外来受診後そのまま入院となった場合

(7)治験協力者、労働災害、公務災害、交通事故、自費診療の場合

(8)その他、保険医療機関が当院を直接受診する必要性を特に認めた場合

 

このページトップへ